« S病院アレルギー科受診 | トップページ | 初サラベス@新宿 »

食物負荷試験入院~小麦~

金曜日小麦の食物負荷試験で一泊入院してきました。

朝8時半に受付→入院前診察→入院OK出たので手続き→

ランチ抜きなので軽食→10時半に病棟へ

食の細い子なら良いけど普段から大食漢の娘、おにぎりとパンケーキ

とジュースだけじゃ足りなかったみたい^^; 試験中夕飯までずっと

「おなかすいたーおなかすいたー!!!!」と叫んで先生たちに笑われてたsweat01

4人部屋(負荷試験専用部屋)で一泊二日検査です。

残りの子は小1(牛乳)、年長(ピーナツ)、1歳半(大豆)の負荷試験項目でした。

娘は小麦の負荷試験、血液検査の結果からすると卵白と同レベルなので

一番少ない量での進め方でした。

13時から20分ごとに 0.1g→0.5g→1g→2g→5g と大体1時間半かけ試験。

結果は全て陰性

無事何も発疹等無く終わる事が出来ました。

しかし発疹は出てないものの少し身体をかく頻度が上がってきていたらしい

のでギリギリラインで出なかったのではないかとの見解。

先生としては「もう少し負荷をかけてあげたほうが良かったですね。」と。

といのも本当は負荷試験で症状を出した方が(どの程度食べたら出たのか判るので)

今後の減感作療法のレベルを決めやすいからとの事。 

そういうものなのか…なるほど。

「今回症状は出てませんが、(体を)かく頻度からしてまぁぎりぎりだったかな

と思うので、明日からは自宅で0.5gからの減感作療法にしましょう。

このまま順調に行けば来年の夏ごろにはパンなども少しはは食べられる

ようになるかもしれませんね!」と言われ期待感。

という訳で今朝から0.5g/1日1回からのスタート

1週間ごとに量を増やしていきます。

次の外来(来年の1月末)まで何も起こらず上手く行きますように。  

************

4人同室だったので他の子も同じタイミングでの負荷試験。

ピーナッツの子が一番症状が激しく出てて見てて可哀そうでした。

牛乳の子は200cc飲んだけど症状全く出ず今後は解除と言われていました。

大豆の子は蕁麻疹が出てたかな。1歳半位だから娘があれくらいで蕁麻疹

出してた時のを思い出しました。

先生に「幼稚園でお弁当の時一人机で本人寂しがってるのですが

仕方ないですかね」と聞いてみた。 

そしたら「むしろそこまで気を配ってもらえる幼稚園に入れたことはとても

ラッキーです。特に娘さんは重度と言っても良いので気をつけてもらえた方が

寂しいかもしれないけど安全だと思います。

というか逆の状況(他の子と同じ対応で同じテーブルで誤飲というパターン)で悩む

お母さんの方が多いんですよ。」と言われました。 

やはり集団生活だと安全策というのは仕方ないのかな。

ないものねだりなのねきっと。とりあえず今のところは一人机を皆の長テーブル

にくっつける所まで進歩して本人喜んでいるのでそれでも十分対応して貰えてる

のかな。

でも先生によっても意見は違うなぁ(今までの小児科の先生はなるべく同じテーブル

で派だった)

  あと、他のお母さんが先生にしている質問を聞いてても勉強になりました

(自分がパッと思いつかないけど聞いてみたかった事など)。

負荷試験の進め方って家庭の状況(お父さんの帰り早いかとか出張多いかとか)

お母さんの性格(大雑把か神経質か普通か)によっても違うと言うのを聞いて

「うーんなるほど」とちょっと納得。

一人話好きなお母さんがいたので同室でも色々話してたけど(基本アレルギー

の話だったけど後はお受験話してたなぁ)、なにせ私は声が出ないという最悪の状態

色々話したかったけど話せなくて残念&感じ悪かったかな~すみません

無事負荷試験を終えて、翌日からは自宅で0.5gからの減感作スタート

娘よ!一緒に頑張ろう!(私は計量頑張るよ)


人気ブログランキングへ

|

« S病院アレルギー科受診 | トップページ | 初サラベス@新宿 »

Hanaの成長」カテゴリの記事

アレルギー対応食」カテゴリの記事

食物負荷試験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« S病院アレルギー科受診 | トップページ | 初サラベス@新宿 »