Chianti Classico

紹介されました~

今年4月に行ったフィレンツェ 

そこでお世話になったeasyfirenze.comのHPでお客様のツアーレポートとして

紹介されました~shine  コチラですshine

これからフィレンツェへ行かれる皆さんsign03ワイナリーツアーの質はぴか一

ですよ~ とっても丁寧で判りやすいのですheart04

お勧めですgood

人気ブログランキングへ←一日1クリック!応援お願いします!

応援ポチッ♪よろしくね~♡→ܫ←♡人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

イタリア5日目-6~Chianti Classico LA SALA -2~

さて、製造過程&カーブ見学へnotes
P1130149
1つのタンクに170ヘクタールリットル分のぶどうが入っています
(それぞれのタンクに表示してある数字は㌶リットルを示している)

P1130157

ここのワイナリーでは質の良いボルドー樽

バニラや野いちごの香りのするブルゴーニュ樽を輸入し使用し

3年で新しい樽に交換します。

P1130163

また、カーブは強度維持のためにアーチ型をしています

P1130166

このカーブは代々引き継いできたもので(何年かメモし忘れていましたsweat02

昔この地区が海底にあったことを示す化石を見ることができます
P1130169

カーブ見学も終わって外へ出た所の景色が素敵でした。

収穫の時期には、ココからの景色一面黄金色になるんだそう

折角なので記念撮影を~

P1130173

そして再度試飲室へ戻り最後の試飲「ヴィンサント」ですheart04

P1130186

Iさん一押しだけあってここのヴィンサント美味しかったですheart04

でもハーフサイズがなかったのでお土産は諦めましたーweep

P1130187

試飲室の一角には受賞ワインやここのワインが展示されてます。

最後の試飲も終わり、ワイナリーにさよならを告げて一路フィレンツェ

結構飲んで(ランチも沢山)食べたので帰りの車は半分寝てましたsleepy

帰りにIさんお勧めのレストランを教えてもらいました。今日はさすがに

疲れているので翌日の予約をお願いしました~ 

ホテルまで送ってもらってツアー終了shine とても充実したツアーでした

ちょっとお高めですが個人ツアーであんなに詳しく日本語で聞けるのは

お勧めです Iさんもとても気さくな方でしたしhappy01

さて、今夜は軽くどこかで…といいながら部屋に着いたらどっと疲れて

ちょっと横になるつもりが2人とも3時間くらい爆睡sleepy 

また出かける気力も残ってなくてその日はそのままお風呂入って

寝ちゃいました あー一食分抜いてしまったのは勿体無かった~ 

人気ブログランキングへ←訪問の足あとに1クリック!

↑↓応援クリック♪よろしくね人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

イタリア5日目-5~Chianti Classico LA SALA -1~

さて本日2軒目のワイナリーはLA SALAというワイナリーです
       クリックしてね~HPへ飛ぶよ↑
P1130171

車を降りて、まずは説明を聞く為に試飲室へwine
P1130194

さて試飲室←クリックへ行きLA SALAについて説明を受けますpencil

まさにこのHPに写ってる彼女に説明していただきました~地図を広げて…

P1130137

先ほどのワイナリーでもある程度キャンティーワインの説明を聞いてるので

ココで追加で受けた情報としては・・・

*キャンティークラシコ、モンタルチーノ、ボルチェリがサンジョベーゼ種

適した地であり、スーパータスカンはこの土地から産出された物をさす

*この地区の特徴として石灰と鉄分が豊富である

*モンタルチーノは昔、海底だった(2006年にサメの化石が見つかった)

*ワインに貼ってある「黒雄鶏マーク」=キャンティー・クラシコ地区を示す

*LA SALAは40㌶の葡萄園を持つ

*ここでは1年に4回ぶどうの収穫をします
 ・第1, 6月…緑の収穫
 ・第2, 8月…キャンティークラシコ用の収穫
 ・第3, 9月第2週…キャンティークラシコリゼルバの収穫
      カベルネソーヴィニヨンの収穫
 ・第4, 10月末~11月初旬…トレビアーノ、マルバシア=ヴィンサント用
            
の収穫。完熟させてから干してワインに使います

winewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewine

さて、試飲タイム その前に目の前に並べられて先ほどから気になって

たのが・・・
P1130139_2

これから試飲するワインに合わせたおつまみ4種ですshine

①チーズ+サラミ

②トマト+バジリコブルスケッタ

③黒オリーブブルスケッタ

④グリーンオリーブブルスケッタ

基本的にキャンティークラシコ何とでも合います。

リゼルバスパイシーなものこってりしたものと合います。また

リゼルバを飲む時は、食事の2時間前に抜栓しておくと良いです。

皆さんはどれがどれと合うと思いますか? 

「基本は決まっていてもその人の好みにもよるので好きなものと合わせ

て良いんですhappy01」とおっしゃってました。 

そして試してみる為にもワインを…といよいよ試飲wine

P1130143

ちょっとしたワインバーのようですよねぇ~ 間接照明も素敵heart02
P1130145
まずはキャンティークラシコ2007から エチケットもおしゃれheart04
P1130144
色の確認flair 2007年ということもあり鮮やかな赤紫色ですshine

同じキャンティークラシコでも午前中のワイナリーとは味も香りも

違いました。 んー奥深いthink この他リゼルバスーパータスカン

も試飲しました(写真撮り忘れてました)

さて、先ほどの回答(どのワインとどのおつまみ?)ですflair

キャンティークラシコ = ①②③④ どれでも合うってことですねcoldsweats01

キャンティークラシコ・リゼルバ=③④ スパイシーなものと合うのです

スーパータスカン(カベルネ85%・サンジョベーゼ15%)=①

このほか、Pizzaにはリゼルバか白ワインが合います。

スーパータスカンマイルドな食事にあいます(スパイシーじゃないもの)

例えば…(シンプルな)サラミ・パルミジャーノ・モッツァレラチーズ・

フレッシュペコリーノチーズ・生ハム etcだそうです

とすると前菜盛合わせにはスーパータスカンがぴったりなのかしら?

彼女が教えてくれた一押しのクロスティーニ

羊のペコリーノ・ロマーノとフレッシュスカモルツァーチーズと生ハムflair 

想像しただけでも美味しそう…delicious

さて、ワインの試飲が終わってから貯蔵庫や製造工場の見学へGO

つづく

人気ブログランキングへ←訪問の足あとに1クリック!

↑↓応援クリック♪よろしくね人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

イタリア5日目-4~Chianti Classico LUNCH~

さて、ランチrestaurantは地元のトラットリアですhappy01
P1130134
TRATTORIA ALIMENTARIrestaurant 車で通り過ぎてしまいそうな位

判りづらいですが、地元のお客さんが立ち寄る感じのお店heart04
P1130117
ランチのピークを過ぎた時間に行ったのでお客さんは数名

まずは「水はガス?ノンガス?」と聞かれ「ガス」と答えると

ガスin水キャンティーワインwineが運ばれてきました~heart04

テーブルワインなんでしょうけどこれが美味しいのheart04やっぱり地元の

トラットリアで地元のワインってのが一番なんでしょうねflair

P1130122
クロスティーニと地元EXオリーブオイルのトーストshine

地元で地の物を食べるってこんなに美味しいんですね…

今まで色んな所でクロスティーニ食べたけどこんなに美味しいflair

思ったことはありませんでした

そしてトスカーナ生ハム&サラミの盛合せshine
P1130123

全て最高に美味しいです…としか言えませんsweat02

P1130125

そしてIさんお勧めのトスカーナのお袋の味『リボリータ』
P1130127

簡単に言うと…冷蔵庫に余った野菜と白いんげん豆と余ったパンを

煮込んだスープです 日本で言う『お味噌汁』に値する存在だそうheart04

お家によってお店によって入れるものもさまざまhappy01

ほっこりとやさしい味heart 飲み疲れた翌日に五臓六腑に染み渡りそうheart04

そして次はパスタです  まずは私のパスタは…

P1130130
トマトとパンチェッタのスパゲッティーニ

これがとってもシンプルなのに激うまなんですflair これだけシンプルな

パスタでこんなに感動したの(しかもおそらく安い)久々ですdelicious

そしてわー様は・・・
P1130132
トスカーナ風ボロネーゼのタリアテッレ

美味しかったけど、シンプルトマトソースの美味しさの方が新鮮だった

そうです~(元々わー様は幅広麺よりスパゲッティーニの方が好き)

やっぱり美味しいものは地元の人が一番知ってるんですねshine

このお店また行ってみたいと思いました。

ワインも美味しいしお料理も美味しかったしheart04

さて、ランチ後はIさん達がお迎えに来てくれて再び午後の部

次のワイナリーへ向かいますrvcar

つづく

人気ブログランキングへ←訪問の足あとに1クリック!

↑↓応援クリック♪よろしくね人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

イタリア5日目-3~Chianti Classico CASTELLO DI QUERCETO-2~

さて、待ちに待った試飲タイム~wine 試飲スペースに移動です

P1130097
レストランのようなスペースですshine
P1130099_2
↑私が奥で眺めているのがここのワイン達wine
P1130114

これからどのワインを試飲するんでしょう~heart04

まずは…
P1130103
Chanti Classico 2007

P1130106
Chanti Classico Riserva 2005

P1130109
スーパータスカンのIL QUERCIOLAIA 2003

3本の中で私は最後のスーパータスカンが一番のお気に入りheart

でしたが…わー様と討論した結果、上2本を購入しましたwine

(現在はわー様実家のワインセラーの中に保管してもらってますshine)

試飲も終わって午前の部終了end ここのワイナリーにさよならを告げ

目指すはランチheart04 ランチはツアーに組み込まれています~good

Iさん夫妻お奨めの地元トラットリアを目指します~restaurant

つづく 

人気ブログランキングへ←訪問の足あとに1クリック!

↑↓応援クリック♪よろしくね人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

イタリア5日目-2~Chianti Classico CASTELLO DI QUERCETO-1~

さて、『CASTELLO DI QUERCETO』に到着 ここが最初のワイナリーheart

P1130044

門をくぐって中に入ると
P1130054

マイナスイオンたっぷりheartの小路をすすんで
P1130045
素敵なお庭に出てきました
P1130056
さくらの花も満開でしたcherryblossom その前で記念に
P1130057
Iさんに撮って頂きましたhappy01

そして庭を歩きながらワイナリーの女性から説明を聞きました
P1130050
今回は張り込んだのでメモpencilを取りながら熱心に聞く私…coldsweats01

好きな事・興味のある事なので説明もスーッと頭に入ってくるheart04

winewinewine覚書~私のメモ~ 聞き間違いがあるかもしれません&まとまりが悪いですが…winewinewine

このワイナリー(お城)12世紀に建てられたそうですが、15世紀に

城は崩壊。1555年カンジャーニ家が再建し、1897年までは夏の避暑地

として利用されていましたが、フランソワ一家に買収され、ワイナリーとして

発足(葡萄の木を栽培し始める)

1904年に初めてワインを生産。1911年に国際的な賞を受賞する。

1924年にキャンティークラシコ協会が発足しそのメンバー33人の内の

一人となる。 因みにこの地区の500あるワイナリーの内268のワイナリー

キャンティクラシコ協会に入っているそうです。

P1130066 ←見渡す限りこのワイナリーの土地↓
P1130059

このワイナリーは200ヘクタールの土地の内、70%をワイン用ブドウ畑

10%をオリーブ畑20%を森として利用しています。

土地をローテーションしながら利用することで5種類のワインを作る

事ができ、65%をサンジョベーゼ、35%をカベルネソーヴィニヨンの

割合で生産しています。
P1130061 ←熱心に聞いてますよ~

VDT・IGT(スーパータスカン=DOCG規定外のワイン=地酒)は自由に調合できる為

比較的作り安く、少しでも規定漏れした葡萄から作る為、調合等によって

DOCGより美味しいワインになることもあります。

dangerこのようなワインの「真の実力」を認めた英語圏のワインライターたちは、普通のVDT

(テーブルワイン)やIGT(地酒みたいなカテゴリー)とは区別して、「異端児トスカーナ」

呼ぶ代わりに「スーパートスカーナ=スーパータスカン」という言葉を使い、それが

またたくまに世界中に広がったというわけなのです。

DOCG用の葡萄は規定が細かく(木と木の間隔や1本の木から採れる葡萄の数

など細かく規定されています)決められているのです。

この地区は海抜が高い為、(他の地区に比べると)遅い10月上旬に葡萄の

収穫をします。

winewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewine

と、ココまで説明を受けてから製造工程の説明の為ワイナリーの中へ

その途中で、庭にはこんな鮮やかな孔雀が~
P1130068 ←わー様がいつの間にか撮ってた孔雀の写真↓P1130077

そしていよいよワイン製造工場P1130075
←古めかしい扉の向こうは↓
P1130069

とても近代的な設備でした~ そこでも説明を受けましたpencil

P1130070
メモを元に書きますが…間違ってたらごめんなさいcoldsweats01

★主発酵★

葡萄を収穫後、葡萄の茎を除き、葡萄をつぶす。果汁と果肉、種子

果皮はそのまま一緒にステンレス樽に入れ蓋をせずに20日間置きます

ココがキャンティー特有な製法ですが発酵が終わる直前に、別に数週間陰干し

させた白ぶどうのトレッビアーノなどをつぶした果汁を加えて連続発酵

させます。独自の赤橙色をなし、すみれのような香りのあるフレッシュな酸味

特有の渋みが加わり、まろやかなワインになります。

これをゴヴェルノ方式といいますshine ぶどう果汁に含まれる糖分酵母により

アルコールと炭酸ガスに分解されます(発酵flair

この発酵の段階で皮の色が抽出され、果汁は赤く色づき、種子から

タンニンの渋みが抽出されます。果皮がタンクの上に上がり液面を

覆います果帽)。また発酵により熱が出て液体は26-30度になります。

熱が35度を超えると酵母が弱る為、タンクに設置されたコンピューターで

温度管理をしています。

タンクのなかを最初の10日間は8時間おきに混ぜ、後半は3~4時間おき

混ぜます。これは発酵熱がこもらないように発酵槽の中をかき混ぜて果帽

を液の中につけるためです。

★圧搾★

発酵が始まって約15-20日ほどで色も良くつき果皮や種子から出る

タンニンの量も程よくなります。

残った果肉や果皮、種子は圧搾して汁を絞ります。

★後発酵★

リンゴ酸が乳酸に変わる後発酵(マロラクチック発酵)によって酸が落ち着き

香りもまろやかになります。

私が余りにもあれこれ質問攻めするので・・働くお兄さんも出てきてくれましたcoldsweats01
P1130072_2

★熟成★

発酵を終えたワインをフランスから輸入した新品shineのオーク樽に移し

熟成させます。

こちらのワイナリーでは(メモが少し曖昧だったので違ったらごめんなさい)

キャンティー・リゼルバ *リゼルバとはその地域で規定のアルコール度数、

熟成期間を超えたワイン。通常は樽熟成のワインです。

 =>16ヶ月間小さい樽で熟成→12ヶ月間大きな樽で熟成

キャンティー・クラシコ

 =>6ヶ月間樽熟成。 キャンティークラシコに使用する樽は5年で新しい樽に取替える

★瓶詰め★

清澄剤を加え濁りの原因となる成分を除き瓶詰めする。ビンの中でも

熟成は進んでいきます

winewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewine

次は熟成中、樽詰め後のカーヴの見学ですhappy01
P1130080
両側オーク樽(小)が積み上げられていて熟成中。私の大好きな

オークの良い香りがします~wine 
P1130087 ←こちらは左右大きい樽↓
P1130086

カーブ最初の写真の通路のいちばーん奥に見える特大樽には…
P1130089 ←家紋?↓更に奥は真っ暗
P1130090

このゾーンは出荷用ではなくてコレクション用=家宝なんだそうですflair
P1130095

↑1947年のワイン達wine触るのも躊躇しそうですがcoldsweats01

ずーっと各年毎に保存してありました~ 確かに家宝ですねshine

さて、カーヴの見学も終わりいよいよ試飲wineshineです~

長くなったのでいったんこの辺で・・・soon

今回のブログはワインの復習にもなり、改めて勉強になりました~heart04

英会話もこれくらい熱心ならすぐに上達するだろうに…sweat01

続く~

人気ブログランキングへ←訪問の足あとに1クリック!

↑↓応援クリック♪よろしくね人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

イタリア5日目~Firenze~Chianti Classico Area編-1

2009.4.16

今日はずっと楽しみにしていたキャンティー地方/ワイナリーツアーの日wine

試飲もするのでやっぱりツアーが楽チン。昔キャンティー地区へ行った時は

英語の団体ツアーで、試飲は出来たけど団体だけあってささーーーっ

終わっちゃって、詳しく聞けなかったのでweep

やっぱりワインが好きなので、今回は奮発して日本語個人ツアーにしましたflair

フィレンツェ在住のIさんの主催される1日wineツアーですshine

easy firenze.com 

IさんのHPはこちらです~クリックしてみてねHPへ飛びますsign03

ホテルにお迎えに来てもらって一路グレーベ・イン・キャンティーを目指します

昨日までの晴天とうらはらに空は曇り…時間と共に小雨もパラパラweep

折角のワイナリー巡りなのに…そのうち回復してくれないかなぁ~

ガイドのIさんとドライバーはIさんの旦那様(イタリア人)と共にGOrvcar

午前のワイナリーの予約時間に時間があるので、その前に近郊にある

Montefiolalle(モンテフィオラッレ)に向かいましたrvcar
  ↑クリックしてね~この街の観光HPへ飛びますheart02

グレーベインキャンティーを通り過ぎ車はどんどん山道を登っていく

到着したのは城壁の町 ドイツ人がこの地に流れてきて城塞を建てた

のがこの街の始まりらしいです。壁に囲まれた街は歩いても10分で

周れます  素敵な街の風景をご覧下さい(天気が悪いのが残念ですが)
P1130038 ←入り組んだ迷路のような街↓
P1130039

P1130040

折角なので記念撮影~heart04 天気がよければもっと良かったな~happy01

P1130042 探検家アメリゴ・ヴェスプッチの家↓
P1130041_2

Vの間にハチの絵が書いてあるのが家紋?ちょっと可愛いhappy01

街の中を一周してから車に戻り、最初のワイナリーを目指しますflair

つづく~ heart04

人気ブログランキングへ←訪問の足あとに1クリック!

↑↓応援クリック♪よろしくね人気ブログランキングへ

| | コメント (3)